KIRA KARACHO ONLINESHOP

雲母唐長(KIRA KARACHO)は、京都で1624年に創業した、400年続く日本最後の唐紙屋。
伝統的な襖や壁紙をはじめ、寺社仏閣などの文化財修復を手がけるほか、 紙以外の異素材や他者とコラボレーションしたプロダクトを手掛けています。

雲母唐長についてはこちら

Monyo

  • 天平大雲

    てんぴょうおおぐも

    「天平大雲」は、雲魂を細い尾で連結した連雲であり天上に大きくうねる雲はとても縁起の良い瑞雲です。雲は雨を呼ぶことから実りと豊穣を表し、良き事を呼び寄せ運気上昇を願うものでもあります。

    豊穣良縁商売繁盛

  • 角つなぎ

    かくつなぎ

    「角つなぎ」は、組紐にルーツを持つ文様です。終わることなき、浮き沈みの連続は、人生観、運命感を表し、連綿と続く命のつながり、繁栄を表します。雲母唐長ではこの文様を天平大雲同様シンボルとして商品開発しています。

    縁つなぎ子孫繁栄商売繁盛

  • 影牡丹唐草

    かげぼたんからくさ

    牡丹はしあわせと富貴の象徴です。花の王とも言われる牡丹ですが、この文様は繁栄の象徴とされる唐草と組み合わされており、より華やかで優雅な文様です。

    富貴子孫繁栄

  • 南蛮七宝

    なんばんしっぽう

    「南蛮七宝」は、江戸時代から先祖代々唐長に伝わるもので、円のようにも、星のようにも、花や十字のようにも見え、幸せが四方八方へと繋がる縁起文様です。連綿と続くことから、縁が続く、すなわち、繁栄や成長を示すものでもあります。

    縁つなぎ子孫繁栄商売繁盛

すべての文様はこちら

最近チェックした商品